出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
亀戸天神社の藤棚
Category: 上野・浅草・秋葉原  
2013年4月14日(日)、隅田川テラス・清洲橋の袂で夜明けを迎え、日の出をカメラに収めた後、
江東区亀戸にある天満宮で藤棚を観賞しました。
亀戸天神社は、菅原道真を祀り学問の神様として親しまれている神社。
前回(『春の亀戸天神社 〜梅満開〜 2013年3月10日(日)』)から約ひと月。
境内の風景、見頃は梅から藤に変わっていました。


20130414_01IMG_0130.jpg
藤棚とスカイツリー♪
境内の藤棚は、例年よりかなり早く一部満開を迎えていました。



20130414_02IMG_0139.jpg
柔らかな朝陽を浴び始めた藤の花々。



20130414_03IMG_0113.jpg
亀戸天神社の鳥居にて。



20130414_04DSC03683.jpg
藤棚をじっくりと鑑賞するのは、実はこれが初めてです・・・。



20130414_05IMG_0129.jpg
境内では、早朝から散歩する人、体操する人、そして藤棚を愛でる人。



20130414_06IMG_0132.jpg
石垣と新緑と、枝垂れた藤の花。
とても絵になる光景が随所で広がっていました。



20130414_07IMG_0140.jpg
石垣には所々に漢詩が彫られていました。



20130414_08IMG_0143.jpg
朝陽の藤棚。
早朝ならではの印象的な光景でした。



20130414_09IMG_0179.jpg
亀戸天神社本殿に向かって。



20130414_10IMG_0147.jpg
ほぼ満開を迎えた藤棚。
豊富な花弁が春の季節の進行を静かに物語っていました。



20130414_11IMG_0124.jpg
まだ朝陽が届いていない境内の一角にて、静かに咲き誇る藤の花をじっくりと。



20130414_12IMG_0188.jpg
早朝の境内、社殿と藤棚の風景。



20130414_13IMG_0174.jpg
ツツジの鮮やかさに暫し目を奪われて…。



20130414_14IMG_0154.jpg
この藤は満開まてもう少しでしょうか。



20130414_15IMG_0195.jpg
学問の神様、菅原道真を祀る亀戸天神社にて朝のお参りを。



20130414_16IMG_0201.jpg
晴れ渡った空に藤の花。



20130414_17IMG_0197.jpg
締め括りは、亀戸天神社と東京スカイツリーとの競演です。




満開の梅の時期から約ひと月。
今年の藤棚の開花もだいぶ早まっていたようで、この日、境内の一部の藤棚は早くも満開を迎えていました。
翌週の休日も訪れようと思っていましたが、雨のため断念…。
と言うわけで、初挑戦の藤棚の撮影の続きは来年となりました。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓




スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


卒業の日を振り返って。
Category: 自宅・近所  
2013年3月21日(木)大安吉日。
休暇を取って向かった先は、長男くんが通っていた小学校。
この日卒業を迎えた長男くん。現在は元気に中学校に通っています。
ひと月以上前のお祝いの日の記録です。


20130221DSC02931.jpg
朝から快晴の空、しかもご近所の桜も満開!



20130221DSC02797.jpg
この日のために用意したスーツを来て学校へ向かいます。
外まで三男くんと四男くんががお見送りです(次男くんは朝寝坊・・・)。



20130221DSC02926.jpg
長くもあり短くもあった6年間。想い出のいっぱい詰まった校舎に向かいます。



20130221DSC02854.jpg
体育館での卒業式の式典も無事に終わり、親子揃っての記念の集合写真の撮影が始まります。
プロのカメラマンの方のカメラのセッティングがとても気になって・・・、くぎ付けです。



20130221DSC02934.jpg
卒業シーズンに桜が満開。今年の桜は近年稀に見る早さで満開の時期を迎えました。



この日はSONY NEX-5で撮影しました。
式典では感動的なシーンもあり、多くの母親が目にハンカチを当てていました。
私も長男くんの成長を振り返りながら目に熱いものを感じました。
これからの更なる成長を期待しつつ、卒業の記念日の記録を写真とともに・・・。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓




テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


隅田川テラスの夜明け 〜 清洲橋 後編 〜
Category: 勝どき・晴海・豊洲・東雲  
2013年4月14日(日)、隅田川テラス・清洲橋からの夜明けの風景、後編です。


20130414_09IMG_0031.jpg
小名木川に架かる『萬年橋』、日の出の方角の優しい色彩の朝焼け。
5:03:37 ISO100 66mm -0.7EV f/16 1/4sec



20130414_10IMG_0040.jpg
隅田川上流方向にスカイツリーが見えます。
5:07:44 ISO100 53mm -0.7EV f/16 1/6sec



20130414_11IMG_0051.jpg
穏やかな流れの隅田川に、日の出前の東の空が優しく映っていました。
5:14:41 ISO100 17mm -1EV f/18 1/10sec



20130414_12IMG_0063.jpg
予想通り、小名木川の方角から日が昇り始めました。
5:25:07 ISO100 44mm 0EV f/9 1/250



20130414_13IMG_0098.jpg
清洲橋の向こう側、何気ない光景が輝いて見えました。
5:42:31 ISO100 17mm 0.7EV f/16 1/125



20130414_14IMG_0101.jpg
清洲橋の袂、方角を記す石盤を発見!
5:44:12 ISO100 17mm 0EV f/16 1/15



20130414_15IMG_0070.jpg
この日、薄曇りの空、風もなく穏やかに流れる隅田川、繊細な朝焼けのもと、
優しい色彩の中で陽が昇っていきました。
5:26:19 ISO100 17mm -0.3EV f/16 1/60



20130414_16IMG_0108.jpg
清洲橋、朝陽を浴びて。
5:48:16 ISO100 24mm 0EV f/16 1/20



『清洲橋』は、関東大震災の震災復興事業として、永代橋と共に計画された橋です。
「帝都東京の門」と呼ばれた永代橋と対照的に、「震災復興の華」と呼ばれた優美なデザインが特徴です。
2000(平成12)年に永代橋と共に土木学会の「第一回土木学会選奨土木遺産」に選定され、
2007(平成19)年に勝鬨橋・永代橋と共に国の重要文化財(建造物)に指定されました。


20130414_17DSC03680.jpg
薄曇りの空は、夜明けを優しく演出してくれました。
こうした淡い色彩に包まれた夜明けの風景を、より繊細に表現してみたいと思った朝でした。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓





テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


隅田川テラスの夜明け 〜 清洲橋 前編 〜
Category: 勝どき・晴海・豊洲・東雲  
2013年4月14日(日)、前夜の天気予報では朝から快晴のこの日。
未明の空は所々薄曇りという微妙な空模様。
それでも折角早起きしたんだから・・・と隅田川テラスへ向かいました。
前回は『永代橋〜中央大橋』に行きましたが、今回はそれよりも上流側の『清洲橋』が舞台です。


20130414_01IMG_0002.jpg
清洲橋の袂からの隅田川下流方向の風景。
首都高速9号深川線の高架橋と一体化されて建設された『隅田川大橋』、その奥が『永代橋』。
右側手前のビルは『リバーサイド読売ビル』。
4:39:49 ISO100 26mm -0.7EV f/9 15sec



20130414_02IMG_0003.jpg
清洲橋全景。
西岸(左)は中央区日本橋中洲、東岸(右)は江東区清澄一丁目。
『清洲』は、建設当時の両岸である深川区住町と日本橋区中町からとったもの(公募)。
4:40:48 ISO100 17mm -0.7EV f/16 20sec



20130414_03IMG_0005.jpg
中央区佃の超高層マンション群が遠くに見えます。川面に映る灯が印象的でした。
4:42:28 ISO100 53mm -0.7EV f/10 25sec



20130414_04IMG_0006.jpg
隅田川テラスを上流方向に歩いて、清洲橋の下を潜ります。
右手奥に見えるのは旧中川を経由して荒川と隅田川とを結ぶ人工河川『小名木川』に架かる『萬年橋』。
葛飾北斎が「富嶽三十六景」の中で『深川萬年橋下』として、
歌川広重が「名所江戸百景」の中で『深川萬年橋』として、それぞれ取り上げています。
4:43:47 ISO100 38mm -0.7EV f/10 10sec



20130414_05IMG_0012.jpg
清洲橋を上流方向から。
4:48:07 ISO100 17mm -0.7EV f/16 15sec



20130414_06IMG_0014.jpg
スカイツリーが北側、隅田川上流方向に見えます。
4:50:49 ISO100 17mm 0EV f/16 2.5sec



20130414_07IMG_0024.jpg
だいぶ明るくなった清洲橋をトラックが一台かなりのスピードで通り過ぎて行きました。
4:59:04 ISO100 22mm 0EV f/16 5sec



20130414_08IMG_0018.jpg
風もなく、寒くもなく、静かに、穏やかに・・・、薄曇りの東の空が優しく淡く焼けていきました。
日の出まで30分足らずとなった東の空の風景です。
4:55:01 ISO100 17mm -0.7EV f/16 1.6sec



「河川と橋梁」×「夜明け」の風景。
昨年後半ぐらいからのお気に入りのテーマの一つです。
次回、日の出を迎えます。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓





テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


自転車に乗れた日。。。
Category: 自宅・近所  
2013年2月10日(日)、三男くんが自転車に乗られるようになりました。
子どもが初めて何か出来た日は、とても嬉しい記念日となります。
ただ時間とともに記憶は曖昧に・・・。
この日、みんなで喜んだ出来事を記憶に刻むようにブログに記録しておきます。


20130210_01DSC02553.jpg
荒川自然公園内にある交通園。
ここでは、色々な自転車を借りることができます。



20130210_02DSC02487.jpg
今日こそ乗るぞぉ〜、気合い十分。
ここでの練習は昨年末に続いて2度目になります。



20130210_03DSC02550.jpg
交通園内にある自転車練習専用ゾーン。ここが今日の舞台です。



20130210_04DSC02481.jpg
恐る恐るペダルをこぎます。
そして、一度こぎ出した自転車はそろりそろり進んで行きました。



20130210_05DSC02496.jpg
あとはスイスイ、嬉しくて嬉しくて。



20130210_06DSC02499.jpg
カーブも上手に進んで行きました。やったねっ♪



20130210_07DSC02525.jpg
予想以上に上達が早く、交通園は今日で卒業?!ありがとうございました。


思っていたよりも早く上達した訳はこれ(↓)だったのかも知れません・・・。

20130210_08DSC02567.jpg
ペダル無しの自転車、子供用トレーニングバイクです(これは安かったので購入しました♪)。
これで知らず知らずの内にバランス感覚を身に付けていたようです。
この日も近くの安全な場所でトレーニング(!?)。



20130210_09DSC02569.jpg
隅田川の川面は青々と、水鳥も楽しそうでした。



20130210_10DSC02600.jpg
夕方の練習タイム。四男くんも興味津々お兄ちゃんに付いて行きます。



20130210_11DSC02576.jpg
間もなく夕暮れ時を迎える頃。そろそろお家へ帰りましょうか・・・。



20130210_12DSC02634.jpg
トレーニングバイクもそろそろ卒業。
今日はとっても頑張りました。お疲れさま!



20130210_13DSC02623.jpg
次は四男くんの番だねっ!がんばれ〜♪
まだ乗れませんが、歩いているだけで楽しいようです。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓





テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ