出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


江北橋にて… 〜2015年4月26日(日)未明〜
Category: 足立・葛飾・江戸川  
2015年4月26日(日)午前4時過ぎ、足立区江北〜宮城に架かる橋『江北橋』に向かいました。


20150426_01DS2A0002.jpg
2015/04/26 04:32:33 Tv10sec. Av16.0 Ev-1.00 ISO100 24.0mm



20150426_02DS2A0004.jpg
江北橋に到着。



20150426_03DS2A0008.jpg
すっかり明るくなった江北橋の袂。



20150426_04DS2A0021.jpg
足立区江北、荒川を渡る二つのアーチ橋『五色桜大橋』と『江北橋』。



20150426_05DS2A0027.jpg
日の出は突然訪れて。



20150426_06DS2A0032.jpg
首都高川口線からの日の出。



20150426_07DS2A0057.jpg
高速道路を疾走するトラックのフロントガラスが一瞬輝きました。



20150426_08DS2A0093.jpg
足元には一輪の名もなき花。



20150426_09DS2A0078.jpg
雲はちぎれて…。



20150426_10DS2A0097.jpg
再び橋の袂にて。



20150426_11DS2A0094.jpg
小さな花にも朝陽が届き。



20150426_12DS2A0101.jpg
橋の袂の交差点。



20150426_13DS2A0105.jpg
江北の街の下り坂。



日の出の時刻はAM04:55。
1時間前に撮影場所に着くのが原則。
この日は目覚めたのが4時少し前。
当初は湾岸エリアに向かおうと思っていたのですがあえなく断念…。
こんな日もあるさと思いつつ荒川沿いを少し上流に向かいました。
到着した頃には空は明るくなり始めていていましたが、夜明けとともに雲が千切れて流れていく光景は見応えがありました。
そんな日の夜明けの記憶。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


20150426_14DS2A0003.jpg

〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜



スポンサーサイト


山下公園、早朝散歩 後編 〜 2014年 秋 〜
Category: 横浜・川崎  
2014年10月19日(土)、『くじらのせなか』の愛称で呼ばれる『「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」』の屋上で
日の出を迎えた後、『山下公園』へ向かった後編です。


20141019_37DS2A0197.jpg
松の樹にカラフルな花々、澄んだ空に小さくランドマークタワー。
ちょっと贅沢な光景…のような。



20141019_38DS2A0206.jpg
『赤い靴を履いた女の子』の横顔。



20141019_39DS2A0215.jpg
青空が鮮やかに映り込んだ港の小船の数々。



20141019_40DS2A0216.jpg
逆光の中の横浜ベイブブリッジ。



20141019_41DS2A0226.jpg
『インド水塔』
関東大震災の際に、横浜市がインド商人をはじめとする外国商人の救済措置を積極的に講じた返礼として、インド商組合から寄贈されたものです。
華麗なモザイク模様のドームのイスラーム建築をはじめ、その意匠は様々な要素がたくさん組み合わされています。
〜塔の足元の説明文より〜



20141019_42DS2A0236.jpg
異国情緒漂う公園内。外国人も大勢朝の散策を楽しんでいました。



20141019_43DS2A0254.jpg
ウエディング・カップル、式の前のスナップ撮影?!



20141019_44DS2A0266.jpg
日米ガールスカウトの友好碑「やくそく像」。



20141019_45DS2A0242.jpg
快晴の休日の朝。
横に長い山下公園内をのんびりと一往復。
様々な風景との出会いがあり、とても充実した朝となりました。

『山下公園』は、関東大震災の復興事業として震災で大量に発生した瓦礫で埋め立てられた公園だそうです。
1930(昭和5)年3月15日開園、横浜市曰く「日本最初の臨海公園」。

また、訪れてみたい公園のひとつとなりました。


最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜



山下公園、早朝散歩 前編 〜 2014年 秋 〜
Category: 横浜・川崎  
2014年10月19日(土)、『くじらのせなか』の愛称で呼ばれる『「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」』の屋上で
日の出を迎えた後、『山下公園』へ向かいました。


20141019_28DS2A0156.jpg
山下公園の駐車場に車を止めて公園へ向かいました。
公園の入り口付近で横浜マリンタワーを見上げて。



20141019_29DS2A0179.jpg
山下公園から日の出を迎えた場所『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』。



20141019_30DS2A0162.jpg
快晴の横浜港、『氷川丸』。



20141019_31DS2A0165.jpg
ホテルニューグランド。
正面の建物は、渡辺仁の設計で1927年創業時に建築された本館。
右のタワーは1991(平成3)年開業の18階建てのニューグランドタワー。



20141019_32DS2A0172.jpg
1930(昭和5)年竣工の日本郵船の12,000t級貨客船『氷川丸』(ひかわまる)。
船名はさいたま市大宮区の氷川神社に由来。
戦中は日本海軍に徴用され病院船に。
国際法上の病院船として、船体は白地に緑色の帯と赤十字、夜間はイルミネーションのように電飾。
その結果、美しい純白の姿に「白鳥」と兵士に呼ばれ親しまれたという。
戦後、1960(昭和35)年まで北太平洋航路で運航を続け、その後は横浜市の山下公園前(横浜港)に係留された。
戦前より唯一現存する日本の貨客船として、2003(平成15)年に横浜市の有形文化財となった。



20141019_33DS2A0180.jpg
山下公園からの横浜みなとみらいの風景。



20141019_34DS2A0182.jpg
横浜市の姉妹都市であるアメリカ・サンディエゴ市から1978年に贈られた「水の守護神」



20141019_35DS2A0194.jpg
昨秋の公園の花壇。手入れの行き届いた花々。



20141019_36DS2A0204.jpg
『赤い靴を履いた女の子の像』。


後編に続きます。


最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜




『くじらのせなか』 日の出編 〜 横浜港大さん橋ふ頭 〜
Category: 横浜・川崎  
2014年10月19日(土)未明、横浜港大さん橋ふ頭に向かいました。
『くじらのせなか』の愛称で呼ばれている(!?)『「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」』の屋上です。
前回の『夜明け編』の続編。


20141019_13DS2A0009.jpg
2002年に竣工した『横浜港大さん橋国際客船ターミナル』。
鉄骨造、B1F/2F、建物の長さ約430m、最高高さ約15m、幅約70m。
『くじらのせなか』の愛称で呼ばれる巨大な客船ターミナルの屋上の夜明けの風景。



20141019_14DS2A0021.jpg
足音響く、静かな木製デッキの屋上。



20141019_15DS2A0046.jpg
木製デッキを斜めに掲げているいるのは何のため ?! 謎です…。



20141019_16DS2A0060.jpg
日の出は横浜ベイブリッジの南側から。



20141019_17DS2A0111.jpg
山下公園にも朝陽が届き始めました。



20141019_18DS2A0081.jpg
雲の隙間から朝陽が届き始める頃、一隻の巡視船が横切って行きました。



20141019_19DS2A0120.jpg
日の出を迎えた『くじらのせなか』、訪れる人も徐々に増えてきました。



20141019_20DS2A0085.jpg
細く伸びた雲に隠れた太陽は、横浜港を優しく照らしていました。



20141019_21DS2A0129.jpg
赤レンガ倉庫の純白のオブジェ、『かもめハープ』(2002年、デザイン:井上みすず)も見えます。



20141019_22DS2A0102.jpg
雲の上から本日二度目の日の出。快晴の一日が本格的に始まりました。



20141019_23DS2A0130.jpg
赤レンガ倉庫、みなとみらい、街全体が朝陽を浴びて…。



20141019_24DS2A0131.jpg
埠頭に停泊中の船、船、船。



20141019_26DS2A0134.jpg
『キング』こと『神奈川県庁本庁舎』(1928(昭和3)年完成、高さ約49m)。
キングの右端に先端だけ姿を見せるのが、
『ジャック』こと『横浜市開港記念会館』(1917(大正6)年完成、高さ約36m)。



20141019_25DS2A0132.jpg
『クイーン』こと『横浜税関本関庁舎』(1934(昭和9)年完成、高さ約51m)。

長年横浜港のシンボルとして親しまれているキング、クイーン、ジャックの『横浜三塔』。
新築当時は周囲に他に目立つ建物がなく、横浜港に入港する船の目印となっていた三塔。
名付け親は、入港する船の外国人船員達。トランプのカードに例えて名づけたようです。



20141019_27DS2A0142.jpg
『くじらのせなか』でみなとみらいにカメラを向ける人。



昨秋は何度か未明から横浜を訪れました。
横浜の街にハマった記録。
ちょっと古く季節外れではありますが在庫がまだあるので…
断続的に続きます。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜




久しぶりの晴海ふ頭公園 Vol.3 2015年4月19日(日)
Category: 勝どき・晴海・豊洲・東雲  
2015年4月19日(日)、久しぶりの晴海ふ頭公園。
第3回 最終回は、日の出後の爽やかな風景。


20150419_15DS2A0053.jpg
春の霞んだ空気がどことなく柔らかな雰囲気の朝を演出しているようでした。



20150419_16DS2A0043.jpg
薄雲に包まれた朝陽も然程眩しくなく…。



20150419_17DS2A0063.jpg
風はなくとも上空の雲は流れては、繋がり、離れて…。



20150419_18DS2A0060.jpg
朝陽の反射が眩しく…。



20150419_19DS2A0073.jpg
帰る頃、空の一部に虹色の小さな雲を発見しました。



20150419_20DS2A0070.jpg
虹の輪の一部ではないような…、ちょっと不思議な光景と遭遇。



20150419_21DS2A0083.jpg
柱の隙間からの陽光が美しく。




20150419_22DS2A0091.jpg
晴海客船ターミナルの一日が始まります。



日の出の撮影が時間的に厳しくなる季節。
ちょっと頑張って早起きしてみました。
それでも早寝早起きにもそろそろ限界が…。
限界を感じつつ早朝の撮影を楽しみました。
都内の日の出スポット、新しい場所を模索中…。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓



20150419_23DS2A0064.jpg

〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。