出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上野恩賜公園の夜明け 2015年5月。
Category: 上野・浅草・秋葉原  
2015年5月23日(土)の未明。
午前3時過ぎに目を覚まし、前夜またまた同行を志願した三男くんとそーっと自宅を出ました。
向かった先は『上野恩賜公園』。
目的は「西郷隆盛像」越しの日の出の撮影。
確か西郷隆盛像の傍から東の空が開けていたような…、記憶を頼りに向かってみました。


20150523_01DS2A0377.jpg
不忍通り近くのコインパーキングに車を止めて『湯島口』から公園へ。
2015/05/23 03:52:48 Canon EOS 5D Mark III Tv55sec. Av16 ISO100 EF24-105mm f/4L IS USM 24.0mm RAW



20150523_02DS2A0383.jpg
『不忍池(蓮池)』から『弁天堂』と池之端のマンション。



20150523_03DS2A0387.jpg
弁天堂の手水所にて。三男くんは日の出後の遊び用にサッカーボールを持参…。



20150523_04DS2A0385.jpg
『弁天堂』を正面から。
『弁天堂』は、寛永寺を創建した天海僧正が建立したもの。
創建当時のお堂は戦災で消失、現存するお堂は1958(昭和33年)に再建されたもので、八角形の造りが特徴的。



20150523_05DS2A0389.jpg
弁天堂から動物園通りを渡り『清水観音堂』に向かいます。



20150523_06DS2A0390.jpg
『清水観音堂』を見上げて。
『清水観音堂』は、1631(寛永8)年に京都の清水寺に倣って建立されたお堂。
『月の松』は、江戸の名所を描いた歌川広重の連作浮世絵シリーズ「名所江戸百景」にも描かれていたもの。
(「上野山内月のまつ」、「上野清水堂不忍ノ池」)
明治初期の台風で消失したものを、2012年に約150年ぶりに復活させたもの。


次回に続く。


最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


20150523_07DS2A0378.jpg

〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜



スポンサーサイト


よこはまコスモワールド 〜2014年10月〜
Category: 横浜・川崎  
2014年10月25日(土)未明から始まった横浜小旅行。
日の出を迎えた『港の見える丘公園』、その後散策した『ローズガーデン』、のんびり散歩した『三渓園』。
締めくくりは同行の三男くんのお楽しみ、『よこはまコスモワールド』です。


20141025_75DS2A0581.jpg
横浜市中区、みなとみらい地区にある遊園地『よこはまコスモワールド』。



20141025_76DS2A0518.jpg
超高層ビルを背景にジェットコースターが急降下。



20141025_77DS2A0568.jpg
青い空に白と黄色の大観覧車『コスモクロック21』。



20141025_78DS2A0538.jpg
で、観覧車に乗りました。抜群の存在感、横浜ランドマークタワー。



20141025_79DS2A0544.jpg
反対側の風景。
横浜港大さん橋国際客船ターミナルに停泊中の大型客船。



20141025_80DS2A0530.jpg
自ら志願して乗り込んだシースルーゴンドラ。
真下が見えすぎて完全に固まってしまいました…。



20141025_81DS2A0547.jpg
「風をはらんだヨットの帆」の形を模した『ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル』。



20141025_82DS2A0564.jpg
地上に到着。笑顔に戻って一安心。



20141025_83DS2A0566.jpg
大観覧車のゴンドラを見上げて。



20141025_84DS2A0571.jpg
みなとみらいの景色に溶け込んだ遊園地の風景。


未明から続いた横浜小旅行は13時頃の大観覧車で終了となりました。
夜中から昼寝なしで付き合ってくれた三男くんも帰りの車では爆睡…。
三男くん、先日NHK朝の連続テレビ小説『まれ』で横浜のシーンを見て「ここ行ったことある!」と。
記憶に残る1日だったようです。
蔵出し横浜の風景は以上で終了です。


最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


20141025_85DS2A0569.jpg

〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜




三渓園の風景 Vol.3 〜2014年10月〜
Category: 横浜・川崎  
2014年10月25日(土)の早朝、港の見える丘公園で夜明けを迎えた後、
横浜市中区にある庭園『三渓園』に向かいました。


20141025_61DS2A0409.jpg
原 富太郎によって1906年に造園、公開された日本庭園。
原 富太郎(1868(慶応4)年-1939(昭和14)年)は実業家で茶人。号は三溪。
美濃国厚見郡佐波村(現・岐阜県岐阜市)出身。



20141025_62DS2A0453.jpg
小舟浮かぶ大池の風景。



20141025_63DS2A0420.jpg
『三渓園天満宮』。
江戸時代に京都北野天満宮から勧請した間門天神がその前身。
1976 (昭和51)年に三溪園に遷座。



20141025_64DS2A0433.jpg
大池の垂れる松の枝。



20141025_65DS2A0441.jpg
東屋のベンチで休息中の黒猫。



20141025_66DS2A0449.jpg
池のそばの松に惹かれる瞬間。



20141025_67DS2A0451.jpg
陽は昇り、陽気な朝の日差しが庭園を包んでいました。



20141025_68DS2A0466.jpg
曇りがちだった空も、見上げれば青空が少しづつ広がって…。



20141025_69DS2A0469.jpg
大池の周りの風景がともて心地良く、何度も行ったり来たりで何枚も。



20141025_70DS2A0477.jpg
盆景『三渓園 内苑』
小菊盆栽芸術協会「長生会」の盆栽展。



20141025_71DS2A0487.jpg
庭園の定番、記念スタンプに各種パンフレットを吟味!?



20141025_73DS2A0507.jpg
石碑に猫、記念撮影。



20141025_74DS2A0479.jpg
心地良い庭園、去り難く…。



20141025_72DS2A0508.jpg
木陰の猫にご挨拶。


初めて訪れた『三渓園』。
短時間ではとても散策しきれない広大な庭園。
時期を見て是非再訪したい魅力的な庭園でした。


最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜



三渓園の風景 Vol.2 〜2014年10月〜
Category: 横浜・川崎  
2014年10月25日(土)の早朝、港の見える丘公園で夜明けを迎えた後、
横浜市中区にある庭園『三渓園』に向かいました。


20141025_47DS2A0317.jpg
『松風閣』の展望台。
松風閣は、初代・原善三郎が別荘として明治20年頃に築造した建物で、伊藤博文が命名したもの。



20141025_48DS2A0316.jpg
展望台からの眺望は意外なものでした。



20141025_49DS2A0302.jpg
何か珍しい葉を見つけたみたいでしたが、今となっては記憶が定かでなく…。



20141025_50DS2A0323.jpg
『松風閣』のそばにあった廃墟のような煉瓦の壁。
これは松風閣の煉瓦造りの玄関部分。



20141025_51DS2A0321.jpg
廃墟のそばの小さな潤い。



20141025_52DS2A0324.jpg
庭園とは思えない急勾配の小径。



20141025_53DS2A0329.jpg
開店直後のお茶屋。



20141025_54DS2A0358.jpg
園内の猫は恐れず人間に近づいてきます。



20141025_55DS2A0394.jpg
艶のある幹。



20141025_56DS2A0396.jpg
水面にも緑。



20141025_57DS2A0400.jpg
広大な園内を散策しながら再び大池に。



20141025_58DS2A0401.jpg
趣ある木橋。



20141025_59DS2A0404.jpg
東屋からの風景。



20141025_60DS2A0436.jpg
小舟浮く大池と鶴翔閣。


次回に続きます。


最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜


三渓園の風景 Vol.1 〜2014年10月〜
Category: 横浜・川崎  
2014年10月25日(土)の早朝、港の見える丘公園を後にして『三渓園』に向かいました。
到着時刻は8:15、三渓園の開園は9:00。
事前に調べてから行けばよかったと思いつつ、仕方なく駐車場で待機。


20141025_32DS2A0502.jpg
いよいよ『三渓園』。
1906(明治39)年5月1日、生糸貿易により財を成した実業家 原 三溪によって公開された庭園。



20141025_33DS2A0215.jpg
当日は「三渓園大茶会」開催のため着物姿のご婦人方が大勢いらっしゃいました。



20141025_34DS2A0216.jpg
大池のほとりにて。



20141025_35DS2A0219.jpg
一羽のアオサギが微動だにせず枝に留まっていました。



20141025_36DS2A0223.jpg
黒猫も微動だにせず…、三男くんが近づいても。



20141025_37DS2A0217.jpg
松と重要文化財の旧燈明寺三重塔。



20141025_38DS2A0242.jpg
『鶴翔閣』(旧原家住宅、 横浜市指定有形文化財)。
原富太郎(三渓)が自邸として建てた住宅。



20141025_39DS2A0293.jpg
散策中の見つけた不思議な岩。



20141025_40DS2A0254.jpg
目指すは旧燈明寺三重塔。



20141025_41DS2A0253.jpg
朝露に輝く葉。



20141025_42DS2A0270.jpg
旧燈明寺三重塔はか高い丘の上にひっそりと建っていました。



20141025_43DS2A0298.jpg
木洩れ陽がスポットライトのように岩場の枯葉を照らしていました。



20141025_44DS2A0301.jpg
笹のトンネルを抜けて。



20141025_45DS2A0272.jpg
『出世観音』。



20141025_46DS2A0279.jpg
旧燈明寺三重塔からの空。


次回に続きます。


最後までご覧いただきどうもありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。
よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓


〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜