出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Miraikan 日本科学未来館 ~TSUNAGARI~
Category: 台場・有明・辰巳・若洲  
宇宙飛行士、毛利 衛氏が館長を務める「日本科学未来館」。

東日本大震災で吹き抜け部の天井が崩落、一時閉館、復旧・改修工事を実施。

6月、無事にリニューアル・オープン。



20110730IMG_0237.jpg

「日本科学未来館」(江東区青海2丁目)全景。
敷地約19,636㎡、延床面積40,589㎡、B2F/8F/PH1F、H=45m。
日建設計・久米設計 設計JV、竹中JV・大成JV・清水JV・西松JV 4JVの工区割JV施工にて、2001年3月竣工。
2011年7月30日 16:01:19 Canon EOS 50D 1/30 f/9.0 露出補正なし 17mm ISO100



20110730IMG_0029.jpg

7Fから階下を眺める。
未来を切り開く子供達への贈り物、サイエンス・ミュージアムの広がりある空間。
2011年7月30日 10:56:08 Canon EOS 50D 1/30 f/9.0 露出補正+0.67 17mm ISO250



20110730IMG_0024.jpg

7Fから東京湾。右端の船の建物は「海の科学館」。
2011年7月30日 10:54:38 Canon EOS 50D 1/100 f/9.0 露出補正なし 17mm ISO100



20110730IMG_0031.jpg

6F、半球状の映像シアター「ドームシアターガイア」。
日本初の全天周・超高精細3D映像、頭上から足下まで、驚きの空間!
2011年7月30日 11:00:33 Canon EOS 50D 1/60 f/9.0 露出補正なし 17mm ISO800



20110730IMG_0040.jpg

6Fの展望レストラン「LA TERRE(ラ・テール)」(フランス語で『地球』)から、お台場方面の眺め。
2011年7月30日 12:26:10 Canon EOS 50D 1/640 f/4.0 露出補正なし 17mm ISO100



20110730IMG_0052.jpg

ワークショップコーナーにて。
夏の自由研究向けか、ボランティアの学生さんが優しく判り易く・・・。
このコーナーのテーマは、「星の鼓動”地震”を知ろう」。
架空の地図上で条件を設定して、『震源地』を特定するという課題に挑戦。
とっても難しい課題も博士の卵たちの判りやすい講義に、大人も巻き込まれ・・・目から鱗の展開。
2011年7月30日 13:00:00 Canon EOS 50D 1/60 f/5.0 露出補正+0.67 41mm ISO320



20110730IMG_0135.jpg

5Fの常設展示ゾーン「極限環境への挑戦[地球環境とフロンティア]」にて、「しんかい6500」。
2011年7月30日 14:05:32 Canon EOS 50D 1/30 f/4.0 露出補正+0.67 17mm ISO1000



20110730IMG_0138.jpg

初対面!「人体全身骨格模型」。握手をしたり、撫でたり、突っついたリ・・・。
2011年7月30日 14:10:23 Canon EOS 50D 1/60 f/5.6 露出補正+0.67 50mm ISO640



20110730IMG_0146.jpg

3F~4F吹き抜けのシンボル展示「Geo-Cosmos」。
有機ELパネルを使った、世界初の地球ディスプレイ。
1,000万画素を超える高解像度で、宇宙に輝く地球の姿をリアルに映し出す。
2011年7月30日 14:13:13 Canon EOS 50D 1/60 f/5.0 露出補正なし 41mm ISO100



20110730IMG_0197.jpg

東日本大震災で崩落したエントランスホールの吹き抜け部分、「新発想の天井」を見上げる。
コンセプトは、「絶対に落ちない天井」ではなく、「たとえ落ちたとしても、大事に至らない天井」。
想定外の事態に備えるための発想の転換・・・。
2011年7月30日 15:05:28 Canon EOS 50D 1/125 f/5.6 露出補正なし 17mm ISO400



20110730IMG_0214.jpg

1Fの企画展示ゾーンにて、企画展「メイキング・オブ・東京スカイツリー -ようこそ、天空の建設現場へ-」。
「日本の誇るべきタワーたち」。
2011年7月30日 15:29:25 Canon EOS 50D 1/30 f/4.0 露出補正なし 17mm ISO800



20110730IMG_0226.jpg

東京スカイツリーの模型、『総LEGO造り』!!。
『「今」の夢は「未来」の現実。夢と技術の結晶”東京スカイツリー”の建設現場はそれを証明してくれる。・・・(以下、省略)。』
印象的なコメントが右端の垂れ幕に書かれている。
2011年7月30日 15:47:49 Canon EOS 50D 1/25 f/4.0 露出補正-0.33 17mm ISO500



20110730IMG_0173_2.jpg

「Geo-Cosmos」を眺めて、憩い、寛ぐ。
2011年7月30日 14:44:08 Canon EOS 50D 1/125 f/4.0 露出補正+0.67 17mm ISO100



日本科学未来館 館長の毛利衛氏のコメント、
「10周年を迎えた日本化学未来館は”つながり”をキーワードに”私たちの地球”の未来に貢献していきます」。

この日、朝からお台場のフジテレビの「お台場合衆国2011」に向かいましたが、開場を待つ長蛇の列に圧倒され、

敢えなくそのまま通過。

その先にあるのが、「日本科学未来館」。6年程前に訪れて以来、予定を変更しての突然の訪問となりました。

震災後の休館、リニューアル後の再開、夏休み期間中とあって開館を待つ列はありましたが、それほど待たずに入館できました。

子供達の興味津々の姿に、宇宙や地球、自然に純粋に興味を持って接していた子供の頃を思い出し重ねながら、

とても意義深い時間を寛ぎながら過ごすことができました。

※「日本科学未来館」についての記述は、日本科学未来館のオフィシャルホームページ(http://www.miraikan.jst.go.jp/)を

参照させて頂きました。



最後までご覧頂きどうもありがとうございました。

ブログランキングに参加しております。

よろしかったらポチっとお願いします。励みになります。

↓↓



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ 





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


Comments

Re: タイトルなし
仁子さん、こんばんは。
いろんなことに興味を持つようになってきて、とても楽しい時間を過ごしているようでした。
特にこの人体模型には釘付けで、暫く離れようとしませんでした。
模型を触って見上げている子どもさんの、
キラキラしたまなざしが とても印象的です ☆☆

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。