出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


華厳の滝 〜日光 2012年秋〜
Category: 日光  
10月21日(日)、日光日帰りドライブの続編です。
夜明けの中禅寺湖、早朝の二荒山神社中宮祠の次に向かったのは『華厳の滝』です。
何度か訪れたことのある日光ですが、実は華厳の滝は初めてです。
今まで混み過ぎて敬遠してましたが、今日はまだ午前8時過ぎ(!!)ということで、華厳の滝駐車場もがら空き状態です。



20121021④_01IMG_0383
駐車場から徒歩数分。
華厳の滝に向かう途中、振り向けばそこには秋深まる雄大な『男体山』。



20121021④_02IMG_0387
初めて眺める『華厳の滝』。
「男体山の噴火により堰き止められた中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口大谷川にある滝。
落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。」(Wikipediaより)



20121021④_03IMG_0379
見上げれば紅葉の輝き。



20121021④_04IMG_0297
「華厳の滝エレベーター」で観瀑台へ降りると小さな滝が傍を流れていました(『涅槃滝(ねはんのたき)』)。



20121021④_05IMG_0339
観瀑台からの眺め。正面から見上げる虹の華厳の滝。



20121021④_06IMG_0290
周囲の山の紅葉が、快晴の空と共に滝の風景に彩りを添えていました。



20121021④_07IMG_0321
雄大な華厳の滝の流れ落ちる水と、紅葉と、青空と。



20121021④_08IMG_0295
秋深まる華厳渓谷。



20121021④_09IMG_0372
滝壺に架かる虹。ちょっと得した気分・・・♪



20121021④_10IMG_0386
再びエレベーターを昇って地上へ戻って来ました。快晴の男体山の眺めも何度見ても飽きません。



20121021④_11DSC00103
突然ですが、寝顔のアップ・・・。
観瀑台で華厳の滝の撮影中、膝から下に重さを感じて見てみたら、三男くんが膝を背にして寝てました。
そー言えば、夜明けの中禅寺湖から早朝の二荒山神社中宮祠にかけて元気に遊んでいた三男くん。
滝が流れ落ちる単調な爆音の中、急に睡魔が襲ってきたようで・・・。
ということで、カメラ&三脚を片手に三男くんを抱っこ。
観瀑台からエレベーターで戻って来たところのベンチで暫くお昼寝(朝寝!?)タイムです(AM9:09)。



20121021④_12IMG_0393
男体山を見上げて。



20121021④_13IMG_0262
最後に縦構図の『華厳の滝』(AM8:20)。



「いずれどっかでお昼寝しちゃうだろうなぁ・・・。」とは思っていましたが、
午前9時の華厳の滝の観瀑台で爆睡とは・・・。
陽の光を浴びながらのベンチでの昼寝は30分程続きました。
その後は元気にお土産屋さんで木製の独楽(観光地によくありますよね)を何度もねだってようやくゲット。

未明から続いた奥日光の観光(!?)ですが、まだまだ帰りの渋滞を心配する時刻までは余裕があるということで、
いろは坂を下り日光東照宮へ向かうことにしました(AM10:00頃の決断・・・)。

次回に続きます。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。