出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日光東照宮 後編 〜日光 2012年秋〜
Category: 日光  

2012年10月21日(日)、深夜2時過ぎに自宅を出発して日光に向かった一日の記録、最終章です。
中禅寺湖、二荒山神社中宮祠、華厳の滝、日光輪王寺 逍遥園、そして、日光東照宮にやって来ました。


20121021⑥_13IMG_0657
日光東照宮の中門『陽明門』(ようめいもん)。
宮中(現・京都御所)十二門のうちの東の正門『陽明門』がその名の由来。
一日中見ていても飽きないことから「日暮らし門」とも呼ばれる国宝。
これほど凝った寺社の門を見た覚えがなく改めてじっくりと眺めてみました。



20121021⑥_14IMG_0600
陽明門の左右に延びる『廻廊』(かいろう)。
こちらは正面向かって右側の外壁の国内最大級の花鳥の彫刻。見事です。



20121021⑥_15IMG_0613
『陽明門』を潜って右側から見上げた一枚。
贅沢な造り、日本文化が凝縮されているような優美な装飾に思わず溜息・・・。



20121021⑥_16IMG_0609
『陽明門』を切り取って・・・。



20121021⑥_17IMG_0621
陽明門の先には本社の正門『唐門』(からもん)。


20121021⑥_18IMG_0627
『唐門』の上部、『舜帝朝見の儀』(しゅんていちょうけんのぎ)。
『平成』の由来である『内平外成』の言を残した舜帝が、正月に大勢の役人から挨拶を受けている場面。


『唐門』を入ると、いよいよ本殿・石の間・拝殿からなる『御本社』(ごほんしゃ)、
東照宮の最も重要な場所となりますが、ここは帰りの渋滞の時間帯を考えて、
冷静に(!?)戻る判断を下しました。
ちょっと残念ですが、次回のお楽しみにしようかと・・・。


20121021⑥_19IMG_0636
『陽明門』と午後の陽光。



20121021⑥_20IMG_0650
『陽明門』出て階段を下る。



20121021⑥_21IMG_0680
『石鳥居』の足元を切り取る。

このとき、アクシデント発生。
私の脇で一緒に写真を撮っていた4歳の三男くんが突然消えた・・・。迷子です。
子育て12年目にして初の迷子。周囲は大勢の観光客が行き来する休日の日光東照宮。
一瞬にしてアタマが真っ白に。
カメラと三脚をその場に残して無我夢中で走って探し回りました。
陽明門の手前まで戻ったり、二荒山神社に通じる道に入ったり・・・。
ダメだ、見つからない、警備の人を捜そうと思い、石鳥居の先まで行った時、、、
いました、そこに。
大泣きしているかと思いきや、写真を撮っていました・・・。
思わず抱き締めて抱っこ、でも本人は一言「パパ、どこに行ってたの?」。
無事再会出来て良かったと心底思うと共に、二度とこんなことが無いようにと心に誓いました。
そんな出来事もあり、2012年10月21日は忘れられない一日となりました。



20121021⑥_22IMG_0664
『陽明門』を正面に、目に焼き付ける。



20121021⑥_23IMG_0692
日光東照宮を後に駐車場に戻る道すがら。



20121021⑥_24IMG_0687
公道の水路に落葉が沈み、浮かび・・・。



20121021⑥_25IMG_0689
日光開山の祖『勝道上人』(しょうどうしょうにん)の像。合掌。



当初は中禅寺湖の夜明けと紅葉の写真を撮りに行こうと思っていただけでしたが、
日の出前からの日光の一日は、意外にも長く有意義な観光旅行となりました。
何も解らずついて来た4歳の三男くんも予想以上に楽しんでいたようです。
20121021⑥_26DSC00304
東北自動車道のサービスエリアにて。大好物を嬉しそうに・・・♪(PM15:45)


〜日光 2012年秋〜のバックナンバー
中禅寺湖の朝 〜日光 2012年秋〜
中禅寺湖の朝 本編 〜日光 2012年秋〜
中禅寺湖畔の二荒山神社中宮祠 〜日光 2012年秋〜
華厳の滝 〜日光 2012年秋〜
日光輪王寺 逍遥園 〜日光 2012年秋〜
日光東照宮 前編 〜日光 2012年秋〜



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。
↓↓



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


Comments

Re: タイトルなし
なべさん、こんばんは♪
いつもコメントありがとうございます!
日光東照宮はとても撮り応えがありました。
一日かけてじっくりと撮ってみたいと思いました。いつになることやらですが・・・。
石鳥居の足元の一枚ですが、"晩秋の緑の輝き"といった感じでお気に入りの一枚となりました。
が、しかし!この直後でした。私が迷子になったのは・・・(笑)。
無事に見つけられたので良かったですが、かなりヒヤッとした出来事でした。
こんばんは♪

久しぶりのコメントですね(^_^;
歴史の重みというか、骨太さを感じさせる写真ですね♪
陽明門とかの建築物の写真も雰囲気でてますが、石鳥居の足元の写真が眼にとまりました。

それと 迷子になったのは三男ではなくひょっとしてお父さん?
無事再開できて まずはよかったですね^^
Re: 凄いですよね!
梅サクラさん、こんにちは。
リコメ遅くなってすみません。
「陽明門」、凝った造りに見惚れるあまりしばらく時間を忘れてしまう程でした。
いくら見てもホントに見飽きない門でした。
「秩父神社」の「見て聞いて言って」という3猿、さっそくネットで調べてみました。その前向きな教えにも好感が持てますね。
三男くんのカメラマンスタイル、振り向きざまに見つけた時にはあまりにもコミカルで爆笑してしまいました。よく見ると本人も笑ってます♪
いつも応援ありがとうございます

凄いですよね!
日光東照宮の「陽明門」さすが凄いですよね!
「日光を見なくて、結構というな」と昔から言われているけど、
如何に徳川家のご威光が凄かったですね。
「見ざる聞かざる言わざる」ですが、
同じ徳川家康が建立した、「秩父神社」には
「見て聞いて言って」という3猿があるのです。面白いですね!

三男さんの、カメラマンスタイルが決まっていますね!
ラストのソフトクリーム。満足そうな表情ですね。
可愛い~~!!
P☆!

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。