出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


淡水の風景(台湾新北市淡水區) 〜 台北の記憶 vol.5 〜
Category: 海外  
2013年10月19日(土)、台湾2日目の午後、台灣高爾夫倶楽部を後にして向かったのは、
南側近接の同じく新北市淡水区に残る古跡『淡水紅毛城』。
今回のブログはその隣接の淡水河口の様子と金色水岸周辺の賑やかな街の休日の風景です。


20131019DSC00243.jpg
淡水河口付近にて。水色、空色の中で紅白の客船が心地良いアクセントに。



20131019DSC00239.jpg
レンガ造りの壁に沿って根を露出させた老木。見慣れない光景が新鮮に映って。



20131019DSC00245.jpg
河口方面(北西)、ちょと異国情緒を感じさせる風景。
歴史上、スペイン、オランダ、イギリスと西欧諸国がこの地を統治した時代が長かったことが影響しているのでしょうか。



20131019DSC00248.jpg
先ほどのレンガの壁伝いに伸びる老木。



20131019DSC00247.jpg
丸みを帯びたオブジェと遠くを見つめる釣り人。
時間がゆっくりと流れる休日の淡水ののんびりとした光景。



20131019DSC00249.jpg
色とりどりのスクーターが整然と並ぶ、カフェの軒先。



20131019DSC00305.jpg
バスで数分の移動後に訪れたのが『金色水岸』。



20131019DSC00299.jpg
青年と愛犬の金色の像・・・、
と思いきや、『金色のパフォーマー』!と犬のオブジェ。
超スローなパントマイムとロボットの動きの融合と言ったら良いのでしょうか。
止まっていると思ったら、並んで記念撮影している少年の頭をそーっと撫でたり・・・。
今まで見たことの無い、不思議なパフォーマンスでした。



20131019DSC00304.jpg
ちょっと雲行きが怪しくなってきました・・・。



20131019DSC00306.jpg
近くの商店街に突如現れた寺院。



20131019DSC00308.jpg
商店街の入口。散策してみようかとも思いましたが人出の多さに引き返しました。



どうにもまとまりの無い今回のブログ。
初めての台湾の中でも、全く予備知識なく訪れた『淡水』。
異国情緒があり、どこかノスタルジックな風景に圧倒されました。
満足にカメラに収められなかったような・・・、ちょっと消化不良な・・・。

後で知ったのですが、
淡水は、台湾八景の一つに数えられる「東方のベニス」と言われているようで、
淡水河の落日は台北地区を代表する風景とのことです。

今度は晴れた日の夕暮れ時に訪れてみたいと思いますが、いつの日になることやら・・・。


次回は淡水地区の代表的な観光名所である『淡水紅毛城』です。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


Comments

Re: タイトルなし
なべさん、こんばんは♪
ご無沙汰しておりました。
ご訪問&コメント、どうもありがとうございます。
2泊3日の慌ただしい旅行でしたが、台北は見所も多く楽しい旅行となりました。
おっしゃるようにどこか懐かしさを感じる風景が広がっていました。
このシリーズ、もう少し続きます。よろしかったらまた覗いてみてください。
こんばんは♪
久しぶりのコメント、 ご無沙汰してました。
異国情緒あふれる台湾の風景ですね♪
一度も訪れたことはないのですが、何故か親しみというか懐かしさを感じる光景ですね^^

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。