出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


残雪の朝、浅草にて。
Category: 上野・浅草・秋葉原  
2014年2月7日(金)から8日(土)、そして、その翌週の2月14日(金)から15日(土)未明にかけて2週連続の大雪。
まだ雪が残る16日(日)の未明、自転車で浅草へ向かいました。


20140216_01IMG_0003.jpg
隅田川に架かる『駒形橋』から上流方向、『吾妻橋』。



20140216_02IMG_0010.jpg
『駒形橋』(1927年(昭和2年)竣工)。



20140216_03IMG_0004.jpg
『吾妻橋』。今までは吾妻橋の付近で夜明けのスカイツリーの写真を撮影してきました。
数日前に仕事の関係で偶然駒形橋の近くを通りかかったのが、今回の撮影のきっかけとなりました。



20140216_04IMG_0001.jpg
この一枚を撮影したくて所々雪が残る道を自転車でやって来た訳です・・・。



20140216_05IMG_0013.jpg
屋形船が静かに停泊していました。



20140216_06IMG_0023.jpg
駒形橋の袂にて。



20140216_07IMG_0034.jpg
東の空には薄らと雲が漂っていました。



20140216_08IMG_0055.jpg
駒形橋から西側、台東区雷門二丁目方面。上空の雲が淡く焼けていました。



20140216_09IMG_0078.jpg
スカイツリーの一点が、キラリと輝きました。一足先に朝陽が届いたようです。



20140216_10IMG_0080.jpg
隅田川の対岸、建物が朝陽を遮ります。



20140216_11IMG_0091.jpg
首都高の高架と建物の隙間から朝陽が届きました。ほんの一瞬の出来事・・・。



20140216_12IMG_0107.jpg
駒形橋のアーチが眩しく輝きました。



20140216_13IMG_0110.jpg
漸く迎えた建物の上からの日の出。



20140216_14IMG_0130.jpg
昇り始めた太陽の傍を一羽のカモメが横切って行きました。



20140216_15DSC00016.jpg
残雪歩道、駒形橋。



20140216_16DSC00020.jpg
駒形橋から自転車で約5分。浅草雷門へ。



20140216_17DSC00025.jpg
雪が残る仲見世通り。



20140216_18DSC00027.jpg
浅草寺 宝蔵門。



20140216_19DSC00038.jpg
宝蔵門と五重塔。



20140216_20DSC00041.jpg
二天門から浅草を後にしました。



気温はやや高め。雪が残る未明の路上は凍ることなく自転車の走行に殆ど支障はありませんでした。
マンネリ気味のスカイツリーの夜明けの撮影も、撮影場所を変えたことで新鮮な気分を味わうことが出来ました。
2週連続の大雪という都内では珍しい冬の光景を記録することが出来て満足、満足・・・♪
ただ、愛用の50Dの調子があまり良くないのが残念。今日もヨドバシでカメラを見て来ました。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


Trackbacks

台東区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。