出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイヤモンド富士2014 〜都市農業公園・足立区〜
Category: 足立・葛飾・江戸川  
2014年1月19日(日)、とっても寒い快晴の一日。
午後になってふとダイヤモンド富士のことを思い出しました。
そして、以前子供たちを連れて行った足立区の『都市農業公園』の存在を思い出しました。


ダイヤモンド富士とは全く関係ないですが・・・、
20140119_01DSC00106.jpg
久々の散髪の三男くん。近所の床屋にて。
長男くん、次男くんは小さいときから私のバリカンで丸刈りしてましたが、
この子だけは産まれた時からほとんど美容院やら床屋さんやら・・・。
この日は床屋さんのご好意でミラーレスで数カット撮影させてもらいました。


さて、午後3時。
ダイヤモンド富士の撮影を思い立ち、完全防寒で、足立区の都市農業公園に行くことにしました。
駐車場はあるものの午後5時には閉まってしまうので、ママに車で送ってもらいました。ありがたや〜♪
ちなみに三男くんと四男くんも訳も分からず行きたがっていましたが、とても寒いし日没後まで続く長時間の撮影に
付き合わせるのは申し訳ないということで車で見送ってもらいました。


20140119_02DSC00111.jpg
心地良い快晴の午後、荒川河川敷の風景。
日没の予定は16:54。ダイヤモンド富士は何時ぐらいになるのでしょう・・・。初めてなので見当がつきません。
ということで早めの到着を目指した結果、15:30過ぎには現地到着。



20140119_03IMG_0010.jpg
荒川には小型船舶。



20140119_04IMG_0001.jpg
荒川上流方面、埼玉県川口市。



20140119_05DSC00114.jpg
撮影ポイントと思われる地点には既に数人カメラマン。
毎年来ているという年配のカメラマンの方に声をかけてみました。



20140119_06IMG_0026.jpg
16:33、330mmの望遠のフレームに太陽が入ってきました。
ここからは日没まであっという間でした。



20140119_07DSC00125.jpg
気が付けば大勢のギャラリー。



20140119_08IMG_0077.jpg
富士山頂に太陽が鎮座。ギャラリーから歓声、私もシャッターを押しながら小さく歓声。
2014年1月19日16:42 ISO100 300mm -0.7EV f/22 1/8000sec



20140119_09IMG_0116.jpg
裾野に沈む太陽。
富士山のシルエットに強風で舞い上がる雪煙(?!)が・・・。



20140119_10IMG_0180.jpg
日没後の川口方面の超高層マンション。



20140119_11DSC00141.jpg
日没と共にギャラリーはどんどん減り、気がつけば私の周りには誰も居なくなっていました。



20140119_12IMG_0145.jpg
夕景の綺麗な時間帯、富士山を遠くに眺めながらゆっくりと撮影を楽しみました。



20140119_13IMG_0182.jpg
荒川に支流の新芝川が静かに流れ込んで行きます。



20140119_14IMG_0190.jpg
静まり返った河川敷。時折ジョギングや犬の散歩の人が行き交うのみ。



20140119_16IMG_0187.jpg
何げない河川敷の夕景が、暮れ行く空の色彩と相俟って印象的な光景となりました。



20140119_17IMG_0195.jpg
新芝川と荒川が合流する芝川水門。
2014年1月19日17:37 ISO100 28mm -1EV f/9 20sec



20140119_18DSC00146.jpg
キリッと引き締まった冬の河川敷での約2時間の撮影タイム。
迎えの車が到着の連絡が入り慌てての撤収となりました。



初めての、そして念願のダイヤモンド富士。
都内からは太陽が大きく、富士山が遠く小さく、アンバランスな感じがしました。
それでも『ダイヤモンド富士』。太陽が山頂部に鎮座する位置に来る頃には周囲から大きな歓声が聞こえる共に、
私自身も声を出してシャッターを押し続けました。
ダイヤモンド富士は見える場所、時期が限られている上に、天気、暦の条件もあり、なかなか撮影のチャンスに
恵まれませんが、チャンスを見つけてまたチャレンジしてみたいと思います。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。