出会った風景の記憶や子供たちの成長の記録を写真とともに。

プロフィール

lotus0630

Author:lotus0630
メインは風景。
我が家の4兄弟、愛猫、愛犬も時々登場。
カメラはCanon EOS 5D MarkⅢとiPhone7Plus。

ブログランキング
ブログランキングに参加させて頂いています。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
閲覧者
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浅草寺散策。後編 〜真冬、快晴、早朝〜
Category: 上野・浅草・秋葉原  
2015年2月1日(日)早朝、浅草寺散策の後編です。


20150201_12DS2A0224.jpg
清々しい真冬の快晴の空。



20150201_09DS2A0208.jpg
線香の煙を頭に浴びせつつ。



20150201_10DS2A0220.jpg
本堂内を正面から見据えて。



20150201_11DS2A0228.jpg
良く磨かれた門扉の金具。



20150201_13DS2A0229.jpg
早朝からお参りする人、それぞれの願いを込めて。



20150201_14DS2A0225.jpg
本堂の爽やかな朝の風景。



20150201_15DS2A0230.jpg
上を見上げてみると、そこには『観音堂』(本堂の別名)の堂々とした額。



20150201_16DS2A0239.jpg
本堂の西側にある『鳩ぽっぽ』の歌碑の上にとまっている小さな鳩の銅像。
〜 歌碑について 〜
1900(明治33)年、東くめ(1877~1969)作詞、滝廉太郎(1879~1903)作曲の童謡「鳩ポッポ」。
作詞家 東くめが、浅草寺の境内で鳩と戯れている子供達を見て作詞した名作。
1962(昭和37)年に建立されたもの。



ここ数年何度も訪れている浅草寺。
散策するたびに新しい発見があり、また新鮮な風景との出会いがあります。



最後までご覧いただきどうもありがとうございます!

またのお越しをお待ちしてます。

よろしかったら1クリックお願いします。とても励みになります。

↓↓



〜 素晴らしい風景との出会いに感謝。 〜




関連記事
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。